アトピー肌の状態

アレルギー症状など、皮膚に関してトラブルを抱えている方も現代では多いものですが、特に多い症状としてアトピー性皮膚炎があります。アトピーで悩んでいる方の肌の特徴として角質層の水分量が足りず乾燥していることが挙げられます。角質層は皮膚の一番上の層になりますが、角質層の水分量が不足していると肌が乾燥をしてかゆみが生じてしまいます。もともと肌にはバリア機能が備わっていて、水分を適度に抱えることによって乾燥を防止しています。しかしアトピーの肌は乾燥しやすく、それが原因によって起こるかゆみのために掻き毟るとより皮膚の状態が悪くなってしまいます。また赤みや肌が固くなったような見た目になっている点も大きな特徴として挙げられます。

アトピーのもう1つの大きな特徴として肌の保護機能が衰えてしまっているという点も挙げられます。本来皮膚は体を保護し、細菌などから体を守る働きを持っています。これも肌の持つバリア機能の一つです。しかしアトピーになると肌の保護機能が衰えてしまうので健康を損ねてしまいます。そのため健康維持のためにはアトピーの症状の改善を図っていかなければなりません。アトピーの肌はかゆみがよく起こります。かゆい部位を掻くとより皮膚の状態が悪くなり、皮膚の保護機能が一層衰えてしまうようになり、悪循環を引き起こします。なかなか改善が難しいアトピーではありますが、悪循環を断ち切るためには気をつけていかなければならない点があります。